アレルギー検査について

アレルギー検査

アレルギー疾患をコントロールするには、まず自分が何のアレルギーを持っているか知らなければなりません。

風邪を引きやすかったり長引いたりすることが、実は思わぬアレルギーが原因となっていることもあります。
アレルギー検査で原因を調べ、生活の中でその原因を回避することが治療の第一歩となります。
原因がわかると、減感作療法ができたり、季節性アレルゲンに対して計画的な薬の治療を行うことができます。


血液検査「特異的lgE抗体測定」

約5ccの採血で10数種までの選んだ項目について抗体の有無がわかります。ヒノキやペットについて調べるには血液検査のみとなります。結果は約1週間ほどで分かります。(薬の内服には左右されません。)
お子様など採血が難しい方、当日すぐに結果を知りたい方には、指先からのわずかの血液で8種類のアレルギーの有無を調べる迅速キットもあります。
約20分で結果が分かります。
詳しくは診察時にご相談ください。


皮膚試験「皮内法、スクラッチ法など」

前腕に、調べるアレルゲンのエキスを少量注射して(皮内法)、15分後の蚊に刺されたような腫れの有無を見て調べます。(抗アレルギー剤や感冒薬を飲んでいると皮膚の反応が抑えられるので皮膚試験は出来ません。)


その他

鼻粘膜誘発試験・鼻汁中好酸球検査など


まずはお気軽にお問い合わせください。TEL 046-221-2730

  • HOME
  • お知らせ
  • 診療内容
  • 医院紹介
  • メールマガジン
  • アレルギー検査
  • アレルギー治療
  • トリクロール酢酸手術
  • 減感作療法

診療案内

診療受付時間
9:00〜12:00
15:00〜18:00

>>火曜日午後の診療日はこちら

休診日
水曜・日曜・祝日

午後休診
火曜・土曜

  • 問診票
  • 鼻アレルギー日記

花粉情報

  • 環境省 花粉観測システム (愛称:はなこさん)
  • ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック(東京都)

link

  • 厚木医師会
  • 社団法人 日本アレルギー学会
  • 子どものみみ・はな・のどの病気Q&A (日本耳鼻咽喉科学会)

携帯サイト

qrコード

QRコード未対応の方はこちらからアドレスを転送できます。
>>アドレス転送はこちら